• Narrow screen resolution
  • Wide screen resolution
  • Wide screen resolution
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size


アトピー性皮膚炎と中国漢方


あらわれた症状に対して処置を行う西洋医学の「対症療法」に対し、中国漢方で体質そのものから変えようとする方法が注目されています。

正常な皮膚とアトピー皮膚の違い
アトピー性皮膚炎アトピーとは、アレルギーを起こしやすい体質のこと。皮膚が過敏になりやすい体質の人にアレルゲンノの侵入が重なり、痒み、赤み、カサカサ、湿疹などの症状が現れます。そうした人の皮膚表面の脂肪量を測ってみると、正常な人よりかなり少ないことがわかっています。それは皮膚膜を作る力が足りないから。加えて皮膚内の水分保持機能が低いため、刺激物が容易に体内に侵入し、さらに過敏な体質と併せてアレルギー反応を引き起こします。

西洋医学の治療手段としては、ステロイド剤(ホルモン剤)と抗アレルギー剤などをはじめ、対症療法が主にとられていますが、ステロイド剤を使わない治療法や、体質を重視する治療法も次第に求められるようになりました。そこで、体質を調整、改善してアトピー性皮膚炎の治療に大きな成果をあげている、中国漢方の治療法に注目が集まってきました。

段階に応じた治療法

第1段階 ◆急性発作を抑える

皮膚表面に赤み、ブツブツ、ジクジク、汁が出るなどの症状を中国漢方で「湿熱」と呼びます。それらを体内から駆除するために、皮膚に発生した過剰なアレルギー反応および炎症を抑える効果のあるのが竜胆瀉肝湯、黄連解毒湯など。また、板藍根などを内服して赤み、ジクジクをとったり、金銀花、薄荷などを使ったハーブ風呂も人気を呼んでいます。

第2段階 ◆急性発作を抑える

慢性的なアトピー性皮膚炎は、皮膚のカサカサ、皮がむける、ふけ、皮膚の肥厚などの症状が中心ですが、ひどいかゆみのためひっかきキズも作ってしまいがちです。これらの症状を中国漢方では、「血虚風燥」と呼びます。「血虚」は皮膚の栄養不足、「風燥」は皮膚の乾燥、つまり皮膚表面の皮脂膜を作る力の不足、皮膚表面の外壁が弱く、過敏になりやすい体質であるといえます。この段階での漢方治療の主な目的は、体内の環境整備。当帰飲子、八仙丸、婦宝当帰膠を服用すれば、皮膚に外壁を作り、過敏な体質を徐々に改善することができます。



中国漢方のスキンケア/皮膚表面の保護

アトピー性皮膚炎では、皮膚表面の皮下膜不足が発症の原因の一つですから、外から人工的に皮脂膜を作ってあげることも欠かせません。中国漢方では、板藍根、黄柏などを使った皮膚を潤し、炎症を抑える効果のある天然植物性のクリームや軟膏によって皮膚を保護する方法があります。これらは、ステロイド剤のような副作用もないので安心して使うことが出来ます。

アトピー性皮膚炎の中国漢方養生

炎症がひどい時期にはカニ、エビ、魚などはさけた方が良いでしょう。また、生ものと冷たいものも「湿熱」の原因になるとされています。一方、星火健胃錠を服用すれば胃腸を守り、皮膚炎の予防に役立ちます。このほか、身体を冷やさないよう保温に心がける、ストレスをさける、住まいからホコリやダニをなくす、など日頃からの注意も大切です。

 

▼不妊治療特設サイトはこちら▼

漢方子宝サイト

漢方子宝サイト

訪問リハビリマッサージ
訪問リハビリマッサージ
寝たきりにしない、させない、つくらない。
医療保険適応だから数百円で受けられる。
ダイエット
痩せたい人はここをクリックして下さいメタボから脱出!絶対ヤセるゾっ
そんな決意を応援したいから.....
膝痛、腰痛、高血圧、糖尿、高コレステロールなど生活習慣病の改善・予防にも
宿便・便秘
宿便・便秘 毎朝つるりポンッ!
バナナ2~3本のうんち出てますか?
お腹ポッコリ。張って苦しい。何を試してもスッキリ出ない。
という方ももう大丈夫!
不妊症例
不妊症例
原因不明、子宮内膜症、多のう胞性卵巣症候群などなど、当店での不妊相談例の一部です。
Mobile Version | Standard Version